History

九州大学鳥人間チームの歴史

九州大学鳥人間チームは、第4回大会(1980年)から2019年までに計37回滑空機部門に出場しており (滑空機部門が中止になった第14回大会を含む)、学生チームの中ではかなり古くから参加しているチームです。 また、OBには宇宙飛行士の若田光一さんもいらっしゃいます。 2015年大会では滑空機部門において優勝、2019年大会では317.57mのフライトを記録し、滑空機部門第二位でした。

過去の記録

過去の記録は以下の通りです。(すべて滑空機)

1980年(第 4回大会)92.64m第2位
1981年(第 5回大会)82.71m第5位
1982年(第 6回大会)139.70m第2位
1983年(第 7回大会)137.68m第3位
1984年(第 8回大会)122.15m第5位、奨励賞
1985年(第 9回大会)67.79m-
1986年(第10回大会)11.65m-
1987年(第11回大会)109.42m滑空機部門第8位、奨励賞
1988年(第12回大会)20.45m-
1989年(第13回大会)51.80m滑空機部門第7位、奨励賞
1990年(第14回大会)-滑空機部門中止
1991年(第15回大会)134.80m滑空機部門第10位
1992年(第16回大会)69.25m-
1993年(第17回大会)22.45m-
1994年(第18回大会)139.36m滑空機部門第8位
1995年(第19回大会)189.01mレディース部門優勝
1996年(第20回大会)185.31mレディース部門第2位、奨励賞
1997年(第21回大会)-台風のため中止
1998年(第22回大会)34.76m-
1999年(第23回大会)184.95m滑空機部門第4位
2000年(第24回大会)88.9m滑空機部門第5位
2001年(第25回大会)171.89m滑空機部門第4位
2002年(第26回大会)-書類審査不合格
2003年(第27回大会)41.96m滑空機部門第8位
2004年(第28回大会)34.96m滑空機部門第6位
2005年(第29回大会)37.67m-
2006年(第30回大会)40.92m-
2007年(第31回大会)241.56m滑空機部門第5位
2008年(第32回大会)341.14m滑空機部門第2位
2009年 -大会中止
2010年(第33回大会)371.80m滑空機部門第2位
2011年(第34回大会)27.18m-
2012年(第35回大会)369.38m滑空機部門第2位
2013年(第36回大会)390.73m滑空機部門第2位
2014年(第37回大会)350.77m滑空機部門第4位
2015年(第38回大会)373.75m滑空機部門優勝
2016年(第39回大会)332.91m滑空機部門第3位
2017年(第40回大会)352.44m滑空機部門第3位
2018年(第41回大会)127.75m滑空機部門第5位
2019年(第42回大会)317.57m滑空機部門第2位
2020年 -大会中止
2021年(第43回大会)161.54m滑空機部門第6位

過去の機体(三面図)

鳥T

九州大学鳥人間チームは毎年大会の開催にあわせて オリジナルTシャツ(通称鳥T)を製作しています。
大会にはメンバー全員がその年の鳥Tを着て参加します。
Qbirdman TOP

2018年~QX-18~

鳥T詳しく見る
Qbirdman TOP

2019年~QX-19~

鳥T詳しく見る
Qbirdman TOP

2020年~QX-20~

鳥T詳しく見る
Qbirdman TOP

2020年~QX-21~

鳥T詳しく見る